【速報】 米国、日米が開発したアルツハイマー病新薬は最大で自己負担額126万円、健康保険料は引き上げ 認知症から世界は救われるが… [お断り★]

 
1 :お断り ★ 2021/06/11(金) 14:45:23.68 9FBp4KOm9.net
アルツハイマー型認知症の新薬のメディケア自己負担額は11,500ドル(126万円)に達する可能性がある
今週承認された56,000ドルのアルツハイマー病治療薬は、メディケアの保険料を広く引き上げることになるという新しいレポートが発表された。
2021年6月7日(月)、米国食品医薬品局(FDA)は、アデュカヌマブを承認しました。

日本のエーザイと共同でアルツハイマー病治療薬を開発したバイオジェン社は、新薬が徐々に普及していくことを期待していると述べています。
バイオジェン社のグローバル製品責任者であるチルフィ・ギンド氏は、バイオジェン社は慎重に調査した上で薬価を設定したと述べている。バイオジェン社は、4年間値上げをしないことを約束している。
ギンド氏によると、同社はがんやその他の複雑な症状を治療するための高度な医薬品の価格を調べたという。アデュカヌマブの価格は、がん免疫療法薬の約3分の1の水準に設定していますと今週の電話会議で述べた。

納税者の負担増に加えて、メディケアの外来患者向け保険の「パートB」の保険料の上昇や、補助的な「メディギャップ」プランを利用している何百万人もの人々の月々の保険料の上昇など、ドミノ式に影響が出てくるでしょう。アデュカヌマブは、医師のオフィスで投与される点滴薬として、メディケアの外来診療給付の対象となります。ほとんどの加入者が支払うパートBの標準保険料は、現在、月額148.50ドル(1万6300円)である。

月々の保険料以外にも、自己負担額にも影響があると考えられます。民間保険会社のメディケア・アドバンテージ・プランに加入している患者さんを含め、薬を服用している多くの患者さんが、数千ドルの自己負担を強いられる可能性があります。最大で約11,500ドル(126万円)に達する可能性があると研究者は推定しています。
この上限額は、メディケア受給者の推定所得中央値29,650ドル(326万円)の約40%に相当します。

メディケアは、65歳以上の高齢者、障害者、重度の腎臓病患者など、6,000万人以上の人々を対象としています。メディケアの支出は年間1兆ドルに近づいています。

米ABCニュース 2021/6/11 ソース英語 『Medicare copays for new Alzheimer’s drug could reach $11,500』
https://abcnews.go.com/Health/wireStory/medicare-copays-alzheimers-drug-reach-11500-78203453

2 :ニューノーマルの名無しさん 2021/06/11(金) 14:46:04.15 /L9IF0ug0.net
買います
3 :ニューノーマルの名無しさん 2021/06/11(金) 14:46:39.90 h2Psksco0.net
思ってたより安かった
6 :ニューノーマルの名無しさん 2021/06/11(金) 14:47:29.79 jYaH90YP0.net
国民皆保険崩壊!

それとも、保険料大幅増加をおまえら飲める?

8 :ニューノーマルの名無しさん 2021/06/11(金) 14:48:14.30 uHLelr2o0.net
やはりお金がないとどうにもならないのか
10 :ニューノーマルの名無しさん 2021/06/11(金) 14:48:55.23 GIzJStzD0.net
上級国民だけが
生き残る世界
14 :ニューノーマルの名無しさん 2021/06/11(金) 14:49:46.89 Hc7Dv++E0.net
その金で介護の負担が減るなら安いかもしれない
22 :ニューノーマルの名無しさん 2021/06/11(金) 14:52:10.55 SwncK3b30.net
126万でボケ老人の介護から解放されるなら安いものだ
24 :ニューノーマルの名無しさん 2021/06/11(金) 14:52:51.07 F2C9bkpv0.net
アルツハイマー126万円って破格だろ。親がなったら3倍でも治療してもらう。